カテゴリ:
嵐が来ると知っていたのに僕はそこから動けなかった

危険と分かっていても好奇心の方が勝ることがある

僕は自分を馬鹿だと笑いながら

またとない瞬間を見るために空を見上げた


  ※HDサイズの動画です。YouTubeのサイトで設定を変更してお楽しみ下さい。

6月29日のゲリラ豪雨が東京を襲った日、僕はお台場で雲を撮影していました。
最初、遠くで激しく動いていた雲は、大雨洪水警報のあとに一気にレインボーブリッジをまたいでお台場の方まで押し寄せてきました。
まさにバケツをひっくり返したような雨の中、なんとかカメラだけはビニールに押し込み、全身はずぶぬれになってしまいました。
それでも、なぜかそんな瞬間を撮影できたことが嬉しかった一日でした。